静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

沼津市長選 立候補予定者が公開討論会

2018年 04月 19日(木)

大沼明穂市長の死去に伴い、今月29日に実施される沼津市長選で昨夜、立候補予定者による公開討論会が行われた。討論会には、沼津市長選に立候補を表明しているいずれも無所属の新人5人が参加した。大きな争点となっている鉄道高架化事業の是非について、加藤元章氏(54)は「まちづくりの可能性を高めるためにも必要」と述べた。頼重秀一氏(49)は「高架化を推進して南北の分断を解消したい」とした。一方、山下富美子氏(64)は「公益性を検証し、必要ならば見直したい」と述べた。土倉章晴氏(73)は、「高架化でなく地下化を進めていきたい」とし、渡辺大輔氏(36)は、「中立の立場で今一度 検証したい」とした。沼津市長選は22日に告示、29日に投開票が行われる。

ページの先頭へ