放送番組審議会 2020年5月13日|静岡朝日テレビ

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者8人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2020年5月13日(水)

開催月日 2020年5月13日(水)開催分 
(対面式の審議会は休止 代替措置としてリポート提出)
開催場所
出席委員 リポート提出委員
委員長   伊藤 洋一郎
副委員長  渡邉 聡
委 員   今川 教子
      松下 光恵
      倉田 明紀
      上田 憲
      川口 澄生
      海野 尚史
審議テーマ ■審議テーマ
『新型コロナウイルス関連報道を含むテレビ全般について』  
審議テーマ概要 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発令されるなど、未曾有の危機的状況が続くなか、テレビはニュースをはじめ情報番組で連日コロナ禍について情報を発信してきました。さらに、バラエティー番組やドラマも通常の放送とは異なる対応をして放送を続けています。
人と人との関わり方、社会システムが変化していると同時に、テレビの今後の在り方も変わったかもしれません。今、視聴者は「テレビ」から何を知りたいのか、どのような放送を求めているのか率直な意見を伺いました。
主なご意見 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、テレビも大きな影響を受けています。委員の皆さんには、様々な視点から考えを述べていただいていますが、その中からいくつかの意見を抜粋させていただきました。
「今回の緊急事態宣言下で、多くの人が外出を自粛し、結果として感染爆発を食い止めることができたことについては、テレビの果たした役割が大きかったと感じています。テレビを通して訴えかけられることがなかったら、法律で罰則化されていない単なる要請に、これだけ多くの人が一致して従うことは難しかったと思います。」

「新型コロナウイルスと1年先、2年先まで共存していかなければならないとしたときに社会や生活にどのような変化が求められるのかということを考え、覚悟させるものもあってよいと思います。また、今回の感染拡大に対するその場その場の対応策の適否よりも、その背景にある構造的な問題についても検討を加えて欲しいと思います。」
「『福島はアンダーコントロール下にある』と東京オリンピックを誘致した方々が発信元となっている情報は、私にはあまり信頼できません。報道に限らず、キー局やローカル局など関係なしに、信頼が置けるかどうかは、日頃の振る舞いや姿勢に誠実さがなければ、どのように趣向を凝らしても信じてもらえることではないと感じる。」

「『東京(吉祥寺)の住宅街にあるケーキ屋さんに100人以上が列を作り、警察が出動した』
というニュースが映像付きで放送されていました。それ自体はおそら『みんなが我慢しているときにけしからんことですね』というスタンスだと思いますが、数分ほどしたら、『テイクアウトがおいしいお店』の紹介コーナーが流れていました。こちらのスタンスは『苦しい思いをしているお店を応援しよう』だと思いますし、悪いことではない、むしろ善意なのかもしれませんが、『外出自粛』ということに関しては矛盾していると思いますし、一視聴者として混乱してしまいました。」

「この期間、スタジオに来ることのできないゲストなどが、ZOOMなどオンラインを通じて参加する番組が目立っていました。短期間に起きた変化でしたが、視聴者(私自身)としては違和感なく感じられただけでなく、ビデオ通話だからこそ発言の完結性が高く、ゲストの伝えたいことをしっかり伝えられるメリットに気づけたことは発見でした。」
次回日程 2020年6月10日(水)

審議テーマ
『新型コロナウイルス報道を含む放送全般について』

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2019年10月~2020年3月第3週合計放送分数(分)
報道 12,767
教育 6,833
教養 12,887
娯楽 20,117
その他 通信販売 5,919
その他 953
対象期間の放送時間全体 59,476

CM放送時間量

CM放送時間量(分)
対象期間におけるCMの放送時間
(上記放送時間全体に含まれる)
9,875

対象期間
2019年10月21日(月)~2019年10月27日(日)
2019年11月18日(月)~2019年11月24日(日)
2019年12月16日(月)~2019年12月22日(日)
2020年1月20日(月)~2020年1月26日(日)
2020年2月17日(月)~2020年2月23日(日)
2020年3月16日(月)~2020年3月22日(日)