静岡朝日テレビホーム > 採用 > 社員紹介 > 先輩社員インタビュー > 宮﨑 玲衣(2017年入社)

PERSON社員紹介

先輩社員インタビュー

アナウンサーとして
魅力を伝えられた喜び
アナウンス部
宮﨑 玲衣(2017年入社)

今どんな仕事をしていますか

『とびっきり!しずおか』では、先輩方のVTRやスタジオでのお仕事を間近で見ながら、少しでもいいコメントができるよう奮闘中です。『サタハピ☆しずおか』では、ロケで動物園などへ行ったり、生中継のリポートも担当しています。

そして『サタハピぷらす』では、メーンコーナー『ガレッジセール川ちゃんのサタさんぽ』を担当しています。私にとって初めてのコーナーで、突然ラジオに出たり、おいしいものを食べたり川田さんと一緒に台本もなく行き当たりばったりのロケをしています。

他には定時ニュース、天気、スポーツや報道のリポート、ナレーションなどもしています。

仕事で嬉しかった、楽しかったことは何ですか

様々な人に会ってお話を聞いて、その魅力を伝えられた時にはアナウンサーになって良かったなと感じます。

例えば、夏の高校野球。私は県大会の4回戦~決勝戦と甲子園でのスタンドリポートを担当しました。私自身、高校時代野球部のマネージャーをしていたこともあって、入社前からマネージャーや試合に出ていない選手たちにも光を当てたいとずっと思っていました。試合前に球場を駆け回って、取材をして、構成を練って…。短いリポートですが、画面を通して彼らの想いを沢山の人に伝えることができたときには嬉しかったです。また、甲子園までリポートをしに行ったときに、取材した球児たちやその保護者の方々に、来てくれてありがとうと言ってもらえたときにもやりがいを感じました。

あさひテレビはどんな会社ですか

面接に来るたびに、なんだか家族のような温かさのある会社だなと感じていました。採用試験でいろいろな局を訪れましたが、個人的にはその点においてあさひテレビを越えるところはなかったなと思っています。入社してからもその印象に変わりはありません。

アナウンス部も会社全体も、ただ優しいだけではなくて、ちゃんと間違っていることは間違っていると言ってくれる、困ったことがあれば助けてくれる、正義感の強い人が多いのだと思います。オフのときは冗談を言ったりたわいのない話で盛り上がったりしますが、仕事では本当に頼れる先輩ばかりです。

プライベートの過ごし方は

静岡の行った事ない土地を観光してみたり、同期や友達とごはんにいったり、掃除をしたり、スーパーで買い物をしたり、地元の東京に帰ったりしています。夜はできる限り自炊しようと思っているので作り置きできるおかずを大量に作ったりもしています。趣味といえる趣味がまだないので、いま新しい趣味を探しているところです。入社したらぜひ皆さんの趣味を教えてください。

あさひテレビを目指す人に一言

本当に心の温かい人が多い会社です。面接でもきっと面接官が一生懸命皆さんのお話をきいて、気持ちを汲み取ろうとしてくれると思います。背伸びをしようとせずに、安心して、等身大の自分をぶつけて下さい!一緒に働けるのを楽しみにしています。

ページトップへ