静岡朝日テレビホーム > 採用 > 社員紹介 > 先輩社員インタビュー > K.W(2018年入社)

先輩社員インタビュー

番組制作から
イベント企画まで
テレビ局の営業職は、
どんなことにも挑戦できる
営業部
K.W(2018年入社)

今どんな仕事をしていますか?

番組やCMをセールスしています。お客さんや広告代理店の方に日々会い、会話してセールスに繋げていきます。

テレビ局の大きな売り物は自社制作番組とCMですが、私たちがお客さんのために提供できるものはそれだけではありません。お客さんが実施しているキャンペーンとコラボしたり、番組と連動したイベントを企画することもよくあります。お客さんを番組で紹介するとなれば、番組を作ります。自分がプロデューサーになり、タレントさんをブッキングして、台本を作り、ロケをして放送。あさひテレビの営業部は、イベントの企画から番組制作まで携われるのが醍醐味です。

仕事で嬉しかった、楽しかったことは何ですか?

お客さんに自分の提案を選んでもらえたときです。テレビ局の商品は形あるものではありませんし、その効果も明確に数値化できるものではありません。だからこそ、お客さんと会話して、どんなことを求められているのか、それに対してどのように応えるのか。自分なりに考え、時には先輩らにアドバイスをいただき、「さ!これでいかがでしょう!」と出した提案がお客さんに喜ばれたときにこの仕事のやりがいを感じます。

あさひテレビはどんな会社ですか?

テレベンチャーです。テレビが大好きで、わくわくすることが大好きで、挑戦的で前衛的な会社だと思います。

私は学生時代、報道部でアルバイトをしていましたが、テレビ局の営業についてまったく知りませんでしたが、今ではテレビ局の営業ってこんなことも出来るの!?という感想です。面白そうなことに食いつき、なんでもやる、挑戦する、そんな会社です。

プライベートの過ごし方は?

仕事終わり、休日はよく同期と飲みに行っています。同じ会社でも同期それぞれの部署、やっている仕事はバラバラです。なにやっているのかよく分からないなんてことも正直あるので、同期から仕事を教えてもらったり、頑張っている話を聞くのはとてもいい刺激になります。美味しいお店や静岡で老舗の店を知っていると、会話にも繋がりやすいので大事かなと思ったりもします。飲んでばかりじゃ体に悪いので、最近、キックボクシングを始めようかと思っています。

あさひテレビを目指す人に一言

私は入社してまだ半年ですが、すでにあさひテレビが大好きです。このあさひテレビに入社して、就活を頑張って本当によかったなと思っています。また、就職活動は自分のこれからのこと、これまでの事を見つめ直す、とてもいい機会ですし、このタイミングで出会い、夢を語った就活仲間は今後も繋がって、どこかで一緒に仕事をすることもあると思います。限られた時間の中で精一杯やればどんな結果であっても、就職活動という経験は、その後の社会で貴重な財産になります。

ページトップへ