静岡朝日テレビホーム > 採用 > 社員紹介 > 先輩社員インタビュー > E.M(2018年入社)

先輩社員インタビュー

日々、“おもしろい”を追求
自分の携わった番組が
誰かの力になる
制作部
E.M(2018年入社)

今どんな仕事をしていますか?

「サタハピしずおか」でディレクター・ADとして番組制作に携わっています。ディレクターは、担当コーナーの企画、取材依頼、ロケ当日の撮影進行、映像の編集作業まで全てに責任を持ちます。

ディレクターとして経験を積むべく、先輩ディレクターのロケにADとして同行することもあります。テレビ局において重要な「コンテンツ」を担う仕事なので、どうしたらより多くの人に番組を面白く見てもらえるかを考え業務に励んでいます。

仕事で嬉しかった、楽しかったことは何ですか?

自分なりに試行錯誤しながらまとめた映像で、視聴者の方から反響があったり、取材先の方が喜んでくださったりすると本当に嬉しいです。飲食店を取材した際、放送後にお店から「おかげさまで毎日忙しくなりました」と連絡をいただき、自分が作った映像で誰かに少しでも影響を与えられるのだと実感しました。

また、「あさひテレビ祭り」では、4時間の生放送で何が起こるか分からない中でも協力して番組を進行させていく先輩方を見て、テレビの制作現場の熱を感じ、とても興奮しました。

あさひテレビはどんな会社ですか?

のびのびとした雰囲気の会社だと思います。新人の私がやることを見守ってくれて、困った顔をしていると、相談に乗ってくださる先輩ばかりです。問題解決のために一緒に考え、ヒントを与えてくださいます。

のびのびした雰囲気の一方で、現状に満足せず、常に高みを目指している人が多いとも感じています。「テレビ離れ」が叫ばれている今、どうやって面白い番組を作っていくかが常に話題の中心になっています。

プライベートの過ごし方は?

休みの日はどんなに疲れていても外に出たいタイプなので、街に出てウインドーショッピングをしたりドライブをしたりして、街の雰囲気や流行を感じています。そこで見たもの聞いたものが、いつか番組のネタになるのではと期待しつつ、外出して外の空気を吸っているだけで気分転換になります。同期や大学時代の友人と飲みに行くこともあります。とりとめもない話で笑ったり、仕事を頑張っている話を聞いて元気づけられたりしています。

あさひテレビを目指す人に一言

「入社してどんなことをやりたいか」を1つ持って具体的に突き詰めると、自信につながっていくと思います。私もやりたいことができてからは1つ自分の中に芯ができて、面接での質問の答え方なども変わってきた気がします。やりたいことを考えるだけではなく、それがその会社にとって求められていることなのか、会社説明会の時に現役社員の方にお話を聞くこともしていました。あとは月並みですが、等身大の自分でいることが一番です!分からないこと、できないことも多々あると思いますが、それをごまかすことなく、「でも自分はここまでならできます!」と示していくことが大事です。頑張ってくださいね。