小学生ちいきテレビ|あさひテレビCSR 静岡のチカラ|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > あさひテレビCSR 静岡のチカラ > 小学生ちいきテレビ

小学生ちいきテレビ

静岡のチカラ 平成29年度民放連メディアリテラシー助成事業

イメージ写真

過疎の悩みをもつ静岡市清水区の3つの小学校の5年生が中心となり、
学校の行事や地域の出来事を取材し、編集作業を通じてより深くメディアを理解し、
情報を扱う上でのメディアリテラシーを体験しながら学んでもらう活動を行なっています。
複数の小学校でこのプロジェクトを行うことにより、他校がどの様に情報を扱っているかを知り、
制作する動画を見れるよう、小学生ちいきテレビを作りました。

活動報告

  • 2017年4月27日静岡市清水区にある3校、中河内小5年生4人、和田島小5.6年生4人、西河内小5年生13人 合計21人の生徒が「小学生ちいきテレビ」を作るため、静岡朝日テレビで勉強会を行ないました。
    詳細はこちら

    写真:様子

参加学校紹介

静岡市立清水中河内小学校

静岡市清水地区の北端の山間地にあり、児童数は21名。
学校の目の前には、興津川に続く清流・中河内川が流れ、緑広がる豊かな自然に囲まれた学校です。
「かしこく あかるく たくましく」の学校教育目標のもと元気な子供たちの声があふれています。

子どもたちが作成した動画

静岡のチカラ 毎週土曜ごご4:25~で取材しました!

2017年8月19日放送 中河内小学校「流しそうめん」

毎年夏休み直前、子ども達が楽しみにしているのが地元の人たちとともに行なう、流しそうめんとスイカ割り。流しそうめんは、学校側のお宅で、お母さん、おばあちゃんたちがそうめんを用意してくれます。流しそうめんの台は、地元の竹を切り出し作ります。スイカ割りスイカも、農家の方の提供です。小さな子どもからお年寄りまで、皆で流しそうめんを楽しみます。地域が子ども達を育んでいきます。

静岡市立清水西河内小学校

3校の中では人数も多い学校。
交流学習を中心に、地域の自然・文化・産業・伝統工芸・施設などを通して
地域の人々ともふれ合い「ふるさと西河内」に誇りをもつ子ども達にと、一丸となって取り組んでいます。

子どもたちが作成した動画

静岡のチカラ 毎週土曜ごご4:25~で取材しました!

2017年10月7日放送 西河内小学校「闘茶会 1.2」

西河内小学校5年生の今年の総合学習のテーマは、地域の環境のよさ、この土地の特産物お茶について調べています。その一環で地元のお茶で闘茶会を開くことにしました。地元お茶屋さん「お茶のやまよ」さんが実施、5種類のお茶を試飲し、当てていきます。皆真剣に茶きき中! 全部正解できたかな?自然豊かな西河内のお茶、小さな頃からお茶を身近に感じてもらいたい、という強い思いと、子供たちの学習意欲がとても伝わる闘茶会でした。

静岡市立清水和田島小学校

静岡市清水区の北部山間地にある全校児童14名の完全複式の学校。
春はたけのこやお茶、夏は興津川での鮎の友釣りや川遊び、秋は、近くの山の散策や栗ひろいなど、
四季を通じて自然と触れ合うことを大切にしています。地域の「ひと、もの、こと」にかかわることを通して、
和田島小だからこそできる特色ある教育活動を進めています。

子どもたちが作成した動画

静岡のチカラ 毎週土曜ごご4:25~で取材しました!

2017年5月13日放送 和田島小学校「たけのこ教室」

毎年この時期に行なうたけのこ教室は、全生徒14人が楽しみにしている行事。地元・和田島地区の山でたけのこ掘りを教わります。鍬を持って、皆一生懸命ほりました。掘ったたけのこは、地元のお母さんたちと一緒に、たけのこご飯とお味噌汁を作りました。地元の豊かな自然と食の大切さ、竹筒でご飯を焚き、元気に食べました。

ページの先頭へ