静岡朝日テレビホーム > とびっきり!あさひテレビコラム > うっかり日焼けは美容の大敵! しっかりケアして美肌を目指しましょう。気になる女性アナウンサーのUVケアの話も聞きました

とびっきり!あさひテレビコラム

うっかり日焼けは美容の大敵! しっかりケアして美肌を目指しましょう。気になる女性アナウンサーのUVケアの話も聞きました

2018-06-04

うっかり日焼けは美容の大敵! しっかりケアして美肌を目指しましょう。気になる女性アナウンサーのUVケアの話も聞きました

paper web

夏本番を前に、ぐんぐんと増えている紫外線量。日焼けが気になる人も多いと思いますが、「元気一番 なるほど健康塾」でも、基礎知識から日焼け防止まで、紫外線について取り上げられました。

皮膚だけじゃない!? 目からも日焼けをするんです

この日は村田アナウンサーに替わって、宮﨑アナウンサーが進行役に。先生は、静岡赤十字病院 形成外科の鈴木沙知さん。コーナー始まって以来の、全員女性という、華やかな時間になりました。

まず解説してもらったのは、紫外線による影響。一時的には、〈日焼け〉〈角膜炎〉〈免疫機能の低下〉〈紫外線アレルギー〉など。慢性的には〈肌のシミ、シワ〉〈皮膚ガン〉〈白内障〉などがあります。

もちろん、良い影響もあるんですよ。例えば、洗濯物や布団を日光の下に干すと殺菌効果が期待できること。それから、骨の形成に必要なビタミンDの生成にも役立つそうです。ビタミンDは、一日中暗い部屋にいない限りは生成されるそうなので、日常の中では悪い影響を受けないように防ぐことが大切なんだそうです。

宮﨑アナウンサーは、これまで紫外線に対して全く無防備だったそうです。「今日は大反省しました。これからは日焼け止めとサングラスで、紫外線をカットします!」

具体的なケアをする前に、知っておきたいこと。それは、紫外線の種類です。日焼け止めや化粧品に、「SPF」とか「PA」という文字を見たことありますよね。これは、紫外線に対する防御効果を数値で表しています。「SPF」はUV-B、「PA」はUV-Aに対応しています。

ここで、いつもの黒板に注目! 今回もわかりやすい図解が、スタッフさんの手によって描かれています。UV-AとUV-Bの大きな違いは、肌内部のどこまで到達するか、ということなんですね

UV-Aはガラスも通り抜けるので、室内でも要注意。さらに、目から入った紫外線は、角膜炎や白内障の原因になるだけでなく、紫外線で脳が反応して、日焼けを起こすそうなんです。だから、UVカットのメガネやサングラスが有効なんですね。

お天気キャスターの渡部さんからも、紫外線に関してアドバイスをもらいました。

「曇りの日でも8割、雨の日でも3割の紫外線が地上に届いています。それから、紫外線は気温には関係がないので、涼しくても日差しがある時は紫外線を浴びます。気をつけてくださいね」

日焼け止めを選ぶ際の「SPF」「PA」の数値は、こちらを参考に。数値が高いものは効果も高くなりますが、落とす時には専用のクレンジング剤などが必要になる場合もあります

意外と無防備だった! アナウンサーの紫外線対策

では、アナウンサーの日焼け防止について聞いてみましょう。みなさん、取材やロケで、日差しの下にいる時間も多いんですよね。まずは、毎年夏はこんがり気味という森アナウンサー。「スポーツパラダイス」の取材もあるので、どうしてもこれからの時期は、日焼けしやすいそうです。

「今年は、日傘とUV手袋を買いました! でも、先日のゴルフの取材の後に、麻知子(広瀬アナウンサー)に、焼けた?って言われて、ああ、今年ももう諦めよう、と・・・」

日焼け止めは必ず塗っているそうです。「でも、仕事の時は塗り直す時間がないから、結局焼けちゃうんですよね〜」

佐野アナウンサーは、日焼け止めを塗って、美白ケアを欠かさないそうですが・・・。

「顔と首に日焼け止めを塗って、ロケの時にはスプレーをしゅ〜っと。ちなみに、日傘は3本買って、全部なくしました」

佐野アナウンサーは、傘に縁がないんですね・・・。ちなみに、もうじき始まるのが、夏の高校野球の取材。「この時期の日焼けは、もう諦めています」とのこと。

さて、ゲスト出演していたのは、womoの本杉編集長。まるでこのテーマのために体を張ってきたかのように、イベントで日焼けをしてしまった直後の出演でした。

「顔はUVカットの日焼け止めを塗っているんですけど、他はそのまま、むしろ、積極的に日焼けしようとしているくらい、何もしていないんです」

という焼け具合は、リハーサルの合間にも話題に。そこで、こんなことをお願いしちゃいました。

出演者の日焼け具合くらべ。みなさんの腕をちょっとお借りしました

こうしてみると、本杉編集長の腕が、やはりこんがりとしているのがわかります。次からは、屋外イベントの時は、しっかり日焼け防止対策、してくださいね

鈴木先生によると、「日焼けをしてしまった後は、冷やして保湿。そして、体の免疫力も下がるので、水分をとってゆっくり休むようにしてください」とのこと。

ちなみに、黒いものが多いUVカット手袋ですが、UVカット効果があれば、色はあまり関係ないそうです。

曇りや雨の日が続く梅雨時でも、油断せずに日焼けに注意しましょう。

美容のプロ、番組担当のメイクさんも、「必ず日焼け止めは塗ってください!!!」と言ってましたので、森アナウンサーも佐野アナウンサーも、諦めないでくださいね!

これまで、お読みいただきました【womo編集部が潜入取材!とびっきり!あさひテレビコラム】は、
今週をもってお休みすることとなりました。
前身である【とびっきり! あさひテレビBLOG】も含め、約7年間ご愛読いただき、ありがとうございました。

「とびっきり!しずおか」のツイッター

ページの先頭へ