静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

日韓結ぶ空の便が運休・減便相次ぐ 関係悪化影響

2019年 08月 18日(日)

 日韓関係悪化の影響を受けて日本と韓国を結ぶ航空便が韓国のLCC(格安航空会社)を中心に19日から運休・減便が相次ぎます。  韓国のLCC「ティーウェイ航空」は19日以降、ソウル-大分線など日本と韓国を結ぶ合わせて11路線を10月26日まで運休します。また、「ジンエアー」はソウル-成田線など週131便を53便に減らします。  利用客:「とても便利だったので、すごく寂しく思っています」「早く解消されてほしいです」  このほか、「大韓航空」や「アシアナ航空」なども来月から運休や減便を予定しています。日韓関係の悪化を受けて韓国の人たちが日本を訪れる旅行を見合わせる動きが大きく影響しています。

ページトップへ