静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

売り切れ続出“公衆電話” 手のひらサイズで6種類

2019年 12月 06日(金)

 スマホ全盛のこの時代に公衆電話が売り切れ続出です。  6日朝、都内のカプセルトイ専門店。女性も男性もお客さんがひっきりなしです。補充しても補充しても足りないというガチャが手のひらサイズの公衆電話です。1971年に設置された赤電話から現在の公衆電話まで全6種類。  人気の理由はその精巧さ。受話器を外すことができ、フックも上下します。ボタンを押せてコインの返却口も開閉します。  日本に公衆電話が登場したのは明治時代。当初は硬貨でしか使えませんでしたが、後にテレホンカードが登場。どこの公衆電話も混んでいました。  1993年に登場したのは金色の公衆電話。天皇陛下のご成婚を記念して当時、25台だけ設置されたものです。これもミニチュアになりました。  開発のきっかけはNTT東日本からの提案。携帯電話の普及で公衆電話の利用が減り、去年の調査では約8割の小学生が使ったことがないことが分かったためです。災害時には有効な通信インフラ。子どもにも使えるようになってほしいというのが開発の理由です。  そんなミニチュア公衆電話。なかにはレアアイテムがあるそうで…。20年ほど前に登場した3人同時に通話できるデュエットホンです。現在、日本に3台ですが、貴重な1台が川崎市の中原区役所にありました。

ページトップへ