静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

川勝知事も青山議員に「潮時では」

2018年 02月 14日(水)

川勝知事は、セクハラ疑惑が報じられ、先週、元女性秘書との和解を発表した立憲民主党・青山雅幸衆議院議員に議員辞職を促した。川勝知事は「立憲民主党の比例で(選挙に)通った。個人で票を獲得して通ったわけではない。静岡県選出の立憲民主党候補として今が潮時ではないかと思う」と話した。去年10月の衆院選で静岡1区から立候補した青山議員は、小選挙区で落選したが、比例で復活当選した。その直後、週刊文春に元女性秘書へのセクハラ疑惑を報じられ、党員資格停止処分を受けている。青山議員は先週、元女性秘書との和解を発表し、議員を続ける考えを示した。しかし、その翌日、県内の女性市議や町議の有志が青山氏の議員辞職を求める会見を開いた。川勝知事は、青山議員の一連の行動について「和解云々の会見も、結果的には青山議員の傷口を広げた形になっている。出処進退を潔くすることが国民の代表としての身の処し方ではないか」と苦言を呈した。

ページの先頭へ